ボンヤリしているうちに11月に入ってしまいました。このメルマガは毎月、
月末に「来月の予定」という意味を込めてお送りしているのですが、時々こんな
失態を演じてしまいます。遅くなりましたことを、お詫びします。
 今月も、チョコチョコと忙しく働きます。仕事があるというのは嬉しいことで
すが、元来怠け者の私はすぐに「ああ忙しい。休みたい」と思ってしまいます。
そのくせヒマになると「これではいけない」と危機感に襲われるのです。これを
称して「貧乏性」と言うのでしょうか。それとも「天邪鬼」とでも言うのでしょ
うか。でも、落語に出てくる登場人物って、みんなそんな感じですよね。こんな
メンタリティーは、噺家らしいと言えば言えるかも知れません。
 それでは今月の正朝通信の、始まり始まり〜〜〜\(^o^)/
 このメールは、日ごろから春風亭正朝をご贔屓いただいている皆様に、私が勝
手にお送りしているモノでございます。
「今後送って欲しくない」とお思いの方は、ご遠慮なくお知らせください。すぐ
に配信を中止いたします。
                              春風亭正朝
***********************************************************************

◆芸術祭参加公演は大盛況◆
 先月もお知らせしましたが、毎月一回地元の光が丘IMAホールで開催してい
るIMA寄席の「正朝独演会」で、今年の「文化庁芸術祭」に参加しました。
 大勢のお客様にご来場いただきまして、ありがとうございました。改めてお礼
を申し上げます。消防署の指導がやかましいIMAホールは、立ち見を認めません。
「席がなくてもいいから、入れてくれ」というお客様とトラブルになったようで
す。不愉快な思いをさせてしまったお客様には、心からお詫びを申し上げます。
ごめんなさい。どうぞお許しください。
 「片棒」も「中村仲蔵」も、自分としてはまずまずのデキだったと自負してい
ます。初めての芸術祭参加でしたが、いい経験になりました。
 賞をいただけるかどうかなんて、もういいです(笑)。応援してくださった大
勢の皆様に、心からお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

◆恒例!鈴本演芸場での独演会◆
 毎年11月20日は、鈴本演芸場で「正朝独演会」と決まっています。鈴本さんで
初めて独演会をやらせていただいたのは、真打に昇進した翌年昭和61年11月30日
でした。一年あいだを置いて、63年からは毎年欠かさず続いています。平成元年
から6年までの6年間は、毎年10月30日でした。いわゆる「鈴本三十日会」として
やらせていただきました。平成8年から、現行の11月20日でフィックスです。
 皆さんも新しい手帳を購入した際には、毎年11月20日に「正朝独演会@鈴本」
と書き込んでください。間違いありませんから(^^ゞ
 さて、今年の演題は「転宅」と「火事息子」の二席です。「火事息子」はネタ
下ろしです。「冬の夜噺」の代表のように言われる珠玉の名作人情噺に、初めて
挑戦します。どうぞお楽しみください。助演はいなせ家半七さんと柳家初花さん。
ゲストには、すっかりお馴染みになった女流弦楽四重奏のルージュブレアンサン
ブルをお願いしました。前売り券のお求めは、このアドレスにreplyしてご注文
ください。私から改めてご連絡いたします。皆様のご来場をお待ちしております。

◆定席(じょうせき)のトリが続きます◆
 今月の定席は二興行続けて主任(トリ)を勤めます。上席が国立演芸場・昼の
部(と言っても国立の定席公演は「夜の部」はありません。昼席しかないのです)
のトリです。主な出演は、一之輔(交互)、玉の輔、小満ん、ひな太郎、灘康次
とモダンカンカン、松旭斎すみえ、という豪華な顔ぶれです。
 中席は、新宿末広亭・夜の部の主任です。私の前を一朝、圓菊、小菊、勢朝、
扇橋、雲助という人達が固めてくれました。
 噺家になって最初の目標は、真打になることです。真打になったら、さあ次の
目標は、定席の主任(トリ)を勤めるということです。二芝居(ふたしばい)続
けての主任、有り難いことです。一生懸命勤めます。あとは、お客様が入ってく
ださることだけが願いです。どうぞ皆様お誘い合わせの上、ご来場ください。

◆北は盛岡から南は由布院・長崎まで◆
 地方にもいっぱい出かけます。15日は末広亭の夜トリを一日だけ休んで、盛岡
に参ります。リクエストで「芝浜」をやることになっています。ウーム、稽古し
なくっちゃ・・・(苦笑)
 21日は大分県由布院の手打ちそば「泉」で「新そばと落語の会」です。2003年
に行って以来、4年ぶり二度目のお呼びです。亀の井別荘の露天風呂に入るのが、
今から楽しみです。
 翌22日は、JR九州の「ゆふいんの森2号」と、大人気の「白いかもめ」を乗り
継いで、長崎は雲仙の近くの西有家(にしありえ)という町に行きます。鉄ちゃ
んには垂涎モノの汽車の旅です。あたしにはよく分かりませんが・・・(^^ゞ
潮湯旅館での「須川寄席」。これまた何年ぶりか二度目の出演ということになり
ました。
 23日に羽田に戻って来たら、その足で黒門亭です(>_<)
 25日は、第三回目のJヴィレッジ落語会です。日本サッカー界の聖地と言われ
る福島県のサッカータウンでの独演会。今から楽しみにしています。

では、平成19年11月のスケジュールをお届けします。
************************************************************************

11月
1(木)上席(〜10日)国立演芸場昼トリ15時35分 → 鈴本夜の部18時45分
2(金)               〃    →      〃
3(土)               〃    →      〃
4(日)               〃    →      〃
5(月)               〃    →      〃
6(火)落語協会HP撮影会 →    〃    →      〃
7(水)落語協会HP撮影会 →    〃    →      〃
8(木)               〃    →      〃
9(金)               〃    → 光が丘IMA寄席 19時開演
10(土)               〃    → 元八幡寄席 南砂町区民館
                         19時開演 助演小円歌ほか

11(日)           中席(〜20日)末広亭夜トリ・20時35分上がり
12(月)                        〃
13(火)                        〃
14(水)                        〃
15(木)          盛岡商工会議所 正朝演題「芝浜」ほか 盛岡泊
16(金)某団体研修会で一席 麹町・主婦会館 17時〜 → 末広・20時35分
17(土)      汐留寄席 四季遊膳えど 17時〜 →   〃 
18(日)                        〃
19(月)                        〃
20(火)         第21回独演会 鈴本 18時開演「転宅」「火事息子」

21(水)      由布院・手打ちそば「泉」 新そばと落語の会 由布院泊
22(木)長崎・西有家(にしありえ)潮湯旅館「須川寄席」
23(金)          黒門亭 18時開演 正朝演題(主任)「お見立て」
24(土)OFF
25(日)       第3回Jヴィレッジ寄席 昼夜二回公演 Jヴィレッジ泊
26(月)ゴルフ
27(火)OFF
28(水)                 中延寄席 荏原中延会館 19時開演
29(木)府中市立武蔵台小学校PTA 14時30分 →
       日本のサッカー文化を育てる会・懇親会 17時30分 三菱商事品川
30(金)OFF

 上記のスケジュールは、あくまでも配信した11月上旬時点でのものです。
予定は変更される場合があります。詳細に関しては、直接私にお問合せ下さい。
| Site Map | Site Policy | Contact Us | © 春風亭正朝 All Rights Reserved.